みなさんありがとう!

(Thu)

Posted in 未分類

051_20101216083030.jpg


たくさんの拍手、拍手コメントありがとうございましたm(_ _)m

みなさんの温かいお気持ちや言葉に救われ、励まされました。
ディッキーもきっと天国で一躍スター気分になってるかな・・・(笑)
照れながらも誇らしげに「ワン!(ありがとう!)」と言ってるかもしれませんね^^

ほんとうに本当にありがとうございます!!!
1ℓ以上の涙を流し(そういうドラマありましたね・・・)、そろそろ涙タンクも空になっても良さそうですが
なんで後からあとから湧くように涙って出てきちゃうんでしょうね。。。。


ここ20年近く猫や犬と共に暮らしてきたので
息づかいを感じられない、生きものの気配のない生活に慣れなく何だか落ち着きません。

やることはたくさんあるのに・・・
せっかちな性格の私もここ数日はボーっとしています。

「動物は死ぬから飼わない。」とおっしゃる方がいますが私はそうは思わないんですよ~。
確かに死は怖いし辛いです。計り知れない哀しみや苦しみもあります。
「死」までの数ヶ月、又は数年間は病気に侵され辛い時間を共に送らなければならないこともあるでしょう。
過ぎてしまえば忘れてしまうけど確かに苦しんでる子を目の前にどうにも出来ない無力さを感じていました。
治らない病気なら尚更です。

でも病気であれ健康であれ、、、
生きものはみな死から切り離すことは不可能ですよね。犬も人も同じです。
やがて訪れる「死」を誰しもが受容しなければなりません。
永遠の命など存在しないのですから。。。

何より「充実して生きていた時間」の方が圧倒的に長く、喜びは無限大です!!!

私は無宗教ですが「死」が教えてくれる大きなこと、大切なこと・・少しづつ感じています。
ディッキーの死を経験してこれからきっと私を始め家族は大切なことに気が付いていくでしょう。
そして命を繋いで行くということに置いて、「死」は結びではなく鎖のように繋がっていくものだと思うんです。
目には見えない大事なものを彼は残してくれてるような気がします!
その大切なバトンをしっかり握り締めまた走り始めますね♪

ディッキーの生きてる姿は無いけど私達家族それぞれの心の中にしっかり活きづいています!
私も人間としてまだまだ成熟していなく、この死をしっかり受容するには時間が掛かるかもしれませんが
彼の存在した証は絶対私を成長させてくれると信じています。


活字にすると私って強そうにみえちゃいますね・・無理してるんじゃ・・な~~んて思わないでくださいね~。

私は大丈夫!!!結構打たれ弱いところもあるけど^^;這い上がるのも早いんですよー!(笑)



032_20101216123649.jpg




この「笑顔」どれだけ癒され元気を貰ったことか・・・

泣いてばかりいたらディッキーも辛いはず。
いつも通りに生意気盛りの娘とのバトルに今日も勝利しなくっちゃねー(笑)

まだまだ若いもんには負けへんで~~~!ねっディッキー♪


母さん・・・そろそろ掃除してくださいーって言ってるような気がします(≧m≦)



がんばります(笑)






みなさま本当にありがとうございましたm(_ _)m






スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。