冬の朝。

(Mon)

Posted in 未分類

001_20101227092626.jpg


半月前に鉢からこぼれた球根を水耕栽培し始めて・・・
年をまたぐことなく咲いてしまいました^^;

つぼみがうっすら見え始めて来た時から寒い場所に移動したんですが既にそこで咲いていました♪

球根は去年楽しんだものでかなりたわわな花っぷりでしたが、、、
今年はとても小さくかわいらしいです。

咲くよ。って誰にも告げず咲いていました。
ただひっそりとその可憐な姿を見たとき、
何だか涙がこぼれてきてしまいました。

「ここにいるからね。」って言ってるみたいに。


つつましくもさりとて強く、近づけば芳しくも香るヒヤシンス。
清々しい冬の朝のプレゼント。

年末の慌しい時間をしばし忘れる瞬間でした。



****************************




中学生の頃の頃から大好きなオフコース。
今は小田和正さん。

今年もTBSの「クリスマスの約束」を見て感動しました。
今回で10回目。10年経ちました。
時を重ねて、歳を取ってもあの清らかな美しい声は変わりません。
すごいことです!本当に凄いこと。
私などには見当も付かないほどの努力を日々されていることでしょう。

変わらない声の美しさ。
いえ、今まで以上の感動をいただきました。
ここ数年は若いミュージシャンとのコラボ。いいですね。。。
彼らの魅力を引き出す名プロデューサーでもある小田さん。
昔からシャイであまのじゃくなところもあまり変わってないけど・・・
小田さんのやさしくて強いところ、音楽に対する姿勢に敬服するばかり。
聞くたびに心が洗われます。素晴らしい楽曲と歌声に感謝ですね♪




いつも新鮮な驚きと感動をありがとうございます!

あなたの歌で私の人生どれだけ救われたでしょうか・・・

小田さんの数多くの名曲中でも今年はこの曲に勇気を貰いました。
この曲のように私も生きていけたら・・・と思っています。





『風のように/小田和正』


移りゆく時の流れのままに ただ 身を任せているだけなら
高い丘の上にのぼって 風に吹かれていたい
失うことを恐れることなく 輝いてた日々を今は忘れて
高く高く 信じるままに 秋の空のように

誇りある道を歩いてく どんな時も
やがていつか ひとりだけになってしまうとしても

ここから先へはもう進めないと くじけそうになる時はいつでも
君のことを思い出して 歩き始める もういちど
そして僕は 君のために 何ができるかと考える
そして僕は 強くなるより やさしくなりたいと思う
やさしくなりたいと思う

あの風のように やわらかく 生きる君が
はじめて会った時から 誰れよりも好きだった

そこから逃げれば 夢はないだろう
振り返るのは 最後だけでいい
その時 Uh はじめて すべてを 語ればいいから

誇りある道を歩いてく どんな時も
やがていつか ひとりだけになってしまうとしても

あの風のように やわらかく 生きる君が
はじめて会った時から 誰れよりも好きだった


006_20101227100821.jpg




「誇りある道を歩いてく どんな時も
 やがていつか ひとりだけになってしまうとしても」


この素敵な言葉を胸に刻みまた頑張ろうと思う私です♪


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。