(Sun)

Posted in 未分類

030_20110605071827.jpg









萩原朔太郎



あかるい屏風のかげにすわつて

あなたのしづかな寝息をきく。

香炉のかなしいけむりのやうに

そこはかとたちまよふ

女性のやさしい匂ひをかんずる。



かみの毛ながきあなたのそばに

睡魔のしぜんな言葉をきく

あなたはふかい眠りにおち

わたしはあなたの夢をかんがふ

このふしぎなる情緒

影なきふかい想ひはどこへ行くのか。



薄暮のほの白いうれひのやうに

はるかに幽かな湖水をながめ

はるばるさみしい麓をたどつて

見しらぬ遠見の山の峠に

あなたはひとり道にまよふ 道にまよふ。



ああ なににあこがれもとめて

あなたはいづこへ行かうとするか

いづこへ いづこへ 行かうとするか



あなたの感傷は夢魔に饐えて

白菊の花のくさつたやうに

ほのかに神秘なにほひをたたふ。




         (とりとめもない夢の気分とその抒情)











スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。