躍動! 秋田竿燈祭り

(Fri)

Posted in 未分類

061_20110805084336.jpg



「提灯の美」
「太鼓の生命力」
「鎮魂の宴」

まさにそこには祭りの力が溢れていました。



久しぶりに竿燈祭りを見てきました。
数十年振りでした。
大震災があった被災地岩手県宮古市から412人、県内への避難者92人、計509人を招待したそうです。

招待された宮古の方々もきっと夏の夜空を彩る光の稲穂に魅了され癒されたことと思います。

竿燈は、五穀豊穣、除災という願いの込められたお祭り。
大若と言われる大人用の竿燈は重さ50Kg、長さ12m、提灯の数46個の竿を平手、額、腰、肩に乗せ
バランスを取ります。上級者は扇子を仰ぎながら行っていてまさにあっぱれ!でした。
腰でバランスを取るのは難易度が高いと言われています。
今年は55の竿燈会の団体(竿燈255本)が出場したようです。

至る所の提灯に「がんばろう東北」と書かれた文字が見られました。
これは同じ東北の秋田からのエールだと思います!
竿燈に込められたメッセージ「がんばろう東北」この言葉は見ていた方々の目に焼きついたことでしょう。

太鼓や笛のお囃子、どっこいしょどっこいしょの会場の掛け声、
久々に日本の古き良き祭りに酔いしれることが出来ました。

とても素晴らしい竿燈祭りでした。



083_20110805084409.jpg

074_20110805174545.jpg

070_20110805084440.jpg


118_20110805103950.jpg

121_20110805104238.jpg

133_20110805084606.jpg

124_20110805084728.jpg

140.jpg

142.jpg

154.jpg




竿燈の美しさもさることながら、すごく感動したのが太鼓!
9割女性が叩いていたと思います。
何故女性が多いのか理由は未確認ですが・・。
とにかく凄い!圧巻!ズンズンとお腹に響くあの小気味いい太鼓のリズム、鼓動!!!
男性顔負けの力量です。本当に素晴らしくてカッコいい。
叩いてる女性がまたみんな秋田美人なんですよ!
凛とした顔持ちと真剣に太鼓に向き合うその姿。
お若い女性ばかりでしたけどあんな風に打ち込める姿こそ真の美だと、改めて思いました。

若い時(19歳くらいかな?)東京の大きな祭りで御輿を担いだことを思い出しました。
髪をひっつめ豆絞り、袢纏にパッチ姿。
あの頃周りから「似合うねぇ」なんて言われて調子に乗って、
担いだ経験の無い私は案の定、肩を壊ししばらく痛かったことを思い出しました。

そう!私は祭りが大好きだったんだ!

なんてことも思い出させてくれた竿燈祭り。

夏祭りってやっぱりいいですね。



098_20110805095754.jpg

135_20110805095828.jpg




がんばろう東北!

東北人は夏が大好き。

ずっとこの素晴らしい伝統行事がこれからも継承されていきますように。





スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。