(Mon)

Posted in 未分類

052_20110919064527.jpg




わたしたちが見ている世界は色がある。

でも色の無い世界に生きる人たちもいる。

生まれながらにして全盲、ピアニストの辻井伸行さん。

彼のピアノを初めて聴いた時鳥肌が立ったことを覚えている。



1988年東京生まれ。
1995年7歳で「全日本盲学生音楽コンクール器楽部門ピアノの部」第1位受賞。
1999年11歳で全国PTNAピアノコンペティションィションD級で金賞を受賞。
2000年12歳で、第1回ソロ・リサイタルをサントリーホール小ホールで行い、翌年第2回のソロ・リサイタルを開催。この他に神戸音楽祭に出演するなど日本各地でコンサート活動を行う。

2002年に「佐渡裕ヤングピープルズ・コンサート」に出演。同年、パリで佐渡裕指揮、ラムルー管弦楽団とも共演した。
これまでに読売日本交響楽団、東京交響楽団の定期演奏会に出演したほか、
海外での活動も行っており、カーネギーホールにてアメリカ・デビュー。
ロシア(モスクワ音楽院大ホール)、チェコ、台湾などでも演奏。

2005年10月、ワルシャワで行われた第15回ショパン国際ピアノコンクールにて 「批評家賞」を受賞。

2009年6月、世界的コンクールとして名高い「第13回ヴァンクライバーン国際ピアノコンクール」で優勝。
1962年の開始以来初の日本人優勝者となり、この受賞によって世界的トップ・ピアニストの仲間入りを果たした

この年日本中で話題となり、たまたま見てたフジテレビの朝のワイドショーとくダネに出演していたのが
初めて彼のピアノを生で聴くこととなった。

ただただ涙が溢れてきて止まらなかった。

その時演奏したのが「ロックフェラーの天使の羽」だった。
その曲は彼が小学6年生の時に作曲したものだった。

この曲にまつわるエピソードがとても素敵なのである。
2000年12月24日、辻井さんは演奏旅行のためニューヨークを訪れた。
季節はまさに冬、そしてクリスマスイヴ。
彼は有名なクリスマスツリーに触れたいという思いで
あのロックフェラーセンターへ行く。
巨大さ故にクリスマスツリーには触れることは出来なかったけど
傍らにあった”天使の羽のオブジェ”に触れることができ、
とても幸福な気持ちになったそうである。

天使の羽に触れた時の感動と深々と降り積もる雪・・・・
目の見えない彼が感じたこと、想像したこと。
皮膚で感じ、音で感じ、匂いで感じる。


そして12歳の少年が感じたロックフェラーセンターの空気はひとつの曲となって生まれた。
クリスマス イヴの日に。



ロックフェラーの天使の羽 辻井伸行




私はこの曲が大好き。
たまらなく好きなのだ。


これからも素晴らしい曲を書いて欲しいと思う。
そして歴史が残した数々の名曲をどう表現して聞かせてくれるか
とても楽しみにしている。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。