(Wed)

Posted in 未分類

004_20111228093346.jpg




蔵原伸二郎 「岩魚」より


老いたきつね


冬日がてっている
いちめん
すすきの枯野に冬日がてっている
四五日前から
一匹の狐がそこにきてねむっている
狐は枯れすすきと光と風が
自分の存在をかくしてくれるのを知っている
狐は光になる 影になる そして
何万年も前からそこに在ったような
一つの石になるつもりなのだ
おしよせる潮騒のような野分の中で
きつねは ねむる
きつねは ねむりながら
光になり、影になり、石になり雲になる
 夢をみている
狐はもう食欲がないので
今ではこの夢ばかりみているのだ
夢はしだいにふくらんでしまって
無限大にひろがってしまって
宇宙そのものになった

すなわち
狐はもうどこにも存在しないのだ



************************************



今年出会いのあった詩集、今は亡き詩人蔵原伸二郎氏の詩が大好きです。
人間の孤独とどうしても重ね合わせてしまう・・
そう言えば狐という字は孤独の「孤」に似ている
きつねを題材にした6編の詩があります。
みなどれも引き込まれてしまいます。

紹介してくださった月印の詩の朗読会に感謝です!



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。