(Tue)

Posted in 未分類



027_20120117142517.jpg






たったひとりの弟は結婚には縁がなく

身体が不自由になった両親の面倒を見てくれている

働きながら家事もまめにこなしてくれている

私が小学4年生の時弟が近所の男の子にいじめられ

頭に氷を投げつけられ6cmくらい縫ったことがあった

雪深い道のりを転ばないように歩いたのでバスの時間に間に合わなかった

弟の手を握り必死にバスを追った

優しい運転手さんは私達のことを待ってくれた

あの日は冬にしては眩しい陽射しが降り注いでいたっけ

弱虫の弟と気の強い姉

いつも弟は泣いていたなぁ

私の社会の教材に興味を持ち毎日のように枕元で見続けていた

そしてボロボロになり私は元に戻してと怒り狂ったこともあったけ

彼はその教材のほとんどを暗記していて私達家族を驚かせた

気が小さくて優しい子だった

今では姉さん弟に頭が上がりません

いつも心の中で手を合わせています

ありがとう、感謝してるからね。

気立てのいいお嫁さんが早く来ますように。











スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。