(Mon)

Posted in 未分類

046_20120604055741.jpg





対岸の向こう側の

無いもの強請り

合い塗れることは中々困難だ

憧憬と畏敬

あるいは嫌悪

補色のように

まるで違うものだから

惹かれてしまう。

傷つくのを恐れては何をも識ることなど出来ない

所詮私は無知の塊のような人間だ

知らないということは

知るチャンスがこれから与えられるということだ

時計の針は時間を刻む

確実に今は流れている

見えないものこそ形取れない

普遍こそ絶対的である

捕まえられないけど

見えない愛にわたしたちは包まれている。

生物はこの壮大なエネルギーの宇宙の結晶であり

全ての生命体は地球の希望である

美しいものは何か

それはうつくしさを持った人のこころではないか

こころと眼は繋がっていることを忘れてはいけない

審美眼じゃなくて

心美眼。

うつくしいこころを失わなければ

うつくしいこころを間違わなければ

戦争も略奪も起きないのではないか


美の対岸に欲望があることは

人類において未来永劫哀しい普遍かもしれない。



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。