(Mon)

Posted in 未分類

009_20120716091645.jpg




今朝収穫したししとう 農薬は使ってなくても虫食いはなさそうだ

こうして夏野菜だけでも自家栽培できたら楽しいね・・
ま・・無理だろうけども~;;;

野菜も花も「土」が命!よい土にはよい花が咲き実がなる

私達は安全のため出来るだけ無農薬や減農薬の野菜を求めているが
実際スーパーで並んでる野菜全般は完全無欠!ピカピカつるつるなものばかり
皆、形の良いもの新鮮なものを選んでる

キレイなものほど実は農薬が使用されてる確率が高い
と思っていても・・・カゴに入れる段にはそのことをすっかり忘れてる
虫食いのものなんてまず並んでないし、売れ残るだろう
以前私は減農薬の野菜を宅配してもらっていたことがあった。
(今はやめている。)
そのときキャベツの葉の中に青虫ちゃんを見つけた
最初ビックリしたけど・・・
よーーく考えたら虫も食べられる安全な野菜ということ、
葉の上下2枚剥がして、もちろん調理して食べました♪(虫じゃなくてキャベツの方ね 笑)

今、食の安全が盛んに叫ばれてるけど本当の意味で理解できているのか、
そしてこの国の農業に対する不安がとてもあることに気がつく・・・
デフレで物の値段が安くなり消費者は安い方に動く。
それは日本産だろうか?いや安さだけなら輸入品かもしれない・・・

農家は後継者に悩んでいるし、それは数十年後の日本の農業の死活問題にもなりうることかもしれない。

今や好景気は何処かへ影を潜め・・
多くの賢い日本人は将来への不安からか貯蓄し続けてる。
それは「安心」という保険のようなものだろう

日本の自給率はとても低い
食料自給率(穀物)に関してはオーストラリア、フランスが世界では上位
日本の場合は小麦、大豆に関しては輸入しなければまかなえない状況である
もはや輸入に頼らなければ我々は生活できないのである。
だから政府も各国との友好関係を維持し続けてる!
たとえ尖閣の問題があったとしても中国は敵には回せないし
中国もそれを知っている。
外交イコールお友達ごっこのようなものだ。

石油や原材料のほとんどが輸入
資源もいづれ尽きてしまうのではないだろうか

今の生活一体いつまで続けられるのか????

高度成長時代は一時代を築き、好景気と呼ばれたあのバブルも泡となった

今は一休みなのか・・・・?

それともまた新たな時代が訪れるのか・・・・


時代を担う子供達の背中がやや丸まっているように私には見える。
それは気のせいだろうか・・・



ししとうをもいで考えちゃったわけです。





スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。