(Wed)

Posted in 未分類

002_20120905091353.jpg





            ”人はたくさんの間違いを犯すものである”



                     インドのことばより



 


宗教、信仰心が他国と比較して個人に備わっているからではない。

例えば災害があったとき、インド社会は個人を保障したり救済されるということが無いことを知っている
そしてどうすれば自分が一番最善な方法で生き抜いていけるか即座に探し実行するのである。
それはアメリカ社会にも似ているようでまるで違う。
彼らは合理的かつポジティブに自分の人生を実行している
他人に頼らず自分の人生を生きていく もっとも立ち直りの早い国民性だと思う。

秩序と道徳と保障と安定の蚊帳で覆われた日本国

私達に苦境を生き抜く力は果たしてあるのか?

右倣えで見えない制服を着たような生き方に美徳はあるのか?



インドのことばは日本人には当てはまらない。

それでもこのくらいの気持ちを持って生きたほうが良さそうだ

そうすればわたしやあなたの間違いも認め合え赦しあえる

所詮、教科書通りには生きられないのだから。




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。