(Thu)

Posted in 未分類

009_20121025142642.jpg





”遠い友よ” 蔵原伸二郎

 英訳 William I. Elliott and Nishhara Katsumasa




You 
whom I met at a mountain pass at noon
in the wind

Behind a rock in the shade of a tree
two of us listended to chorus of cicadas
for a while,
looking at, I suppose, a cloud in the distance.

You led the way up, I the way down.
A brief encounter.
A brief dialog.
A bright image.

"So long" in the wind.
A bellflower was swaying, wasn't it? you soon

disappeared behind silver grasses
like a butterfly,
your summer hat dazzling in the midday sun.



風のなか
まひるの山の峠で出あった
あなたよ

こかげの岩かげで
二人はしばらく 蝉の声に
耳をかたむけ
遠い雲をみていたっけ

あなたはのぼり道 私は下り
あのひとときの出会い
みじかい対話
あかるい イメージ

風の中 「さようなら」
桔梗が一本ゆれていたっけ
あなたは やがて

白い夏帽子に真昼の陽をうけ
蝶のように
すすきのかげに消えていった





大好きな詩人 蔵原伸二郎 「岩魚」より粋





スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。